埼玉県東松山市のことなら【東松山動物病院】へお越しください

  • 2020年5月7日

    野生鳥獣は、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」等により保護されており、原則として、捕獲することや飼養することはできません。

    保護をされた場合、先ずは埼玉県のホームページ内  「傷病野生鳥獣保護について」埼玉県獣医師会ホームページ内「野生動物関連情報」をご覧ください。

    ・埼玉県 獣医師会 野生動物関連情報:https://www.saitama-vma.org/wildlife/injury/ 
    ・埼玉県 野鳥を拾わないで!: http://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/tyouzyu/index.html

     

    【鳥のヒナについて】

    鳥のヒナは保護をしないでください!

    鳥の繁殖期には、まだ、うまく飛べない巣立ちヒナが地上に落ちていることがあります。落ちているヒナがいても、そっとしておいてあげましょう。近くには親鳥がいて、ヒナを見守っています。「助けてあげたい」と思って拾うと、親鳥からヒナを誘拐したことになってしまいます。

    拾ってしまった場合は、すぐに元の場所に戻してください。野鳥のヒナを育てることは難しく、仮に無事に育っても自然界で生きていく力を身につけることができずに、結局ヒナのためになりません。親に任せるのが一番でしょう。

    鳥以外の野生獣の子供についても同様にお願いします。

    ヒナを保護した場合も 「野鳥を拾わないでください!」をご覧ください。

  • 2023年5月13日

    7月8日(土)は午後休診とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

  • 2023年3月11日

    只今、全国的に薬剤が不足している為、内服薬・外用薬・注射薬等が入手困難となり一部値上がりや、代用薬になっております。

    また、今年度より犬混合ワクチンの価格を値上げし、調剤処方料を頂きます。


Page Top